【いびきの原因は】女性は50代から悪化?

2020年3月15日

いびきを自覚したときは、すでに周りに気づかれていることがほとんどです。

そう、結構ひどくなるまで自分では気づけなかったり、周りもあまりにひどくならないと注意しづらいのが現実です。

いびきのイメージとしては、男性が大きく口を開いて「ゴグゥァー」と、大きな音をたてている感じです。

実は、いびきって男女ほぼ関係なく誰でもかいてしまうんです。

なので、恥ずかしがらず、しっかりと向き合って治していきましょう。

いびきを改善できれば、心もからだも気持ち良く眠りにつくことができます。

では、一緒に考えていきましょう!



【いびきの原因】女性は50代から発生しやすくなる?

いびきの原因

いびきの原因は、気道が狭くなることで発生します。

気道が狭くなることで、のどちんこ(口蓋垂)や上あご(軟口蓋)が強く振動し、大きな音を奏でます。

根本的な原因は、気道がなぜ狭くなっているからです。

気道が狭くなる原因をいくつかご紹介します。

  • 肥満体型になった(口内に脂肪がつく)
  • 仰向けで寝ている(舌が重力で下がる)
  • 口呼吸(舌が落ちる)
  • 疲労・ストレス・生活習慣の乱れ(筋肉がゆるむ)
  • 扁桃や口蓋垂(のどちんこ)が大きい
  • 筋肉の衰え(舌や喉)

いびきが50代の女性に多い理由

なぜ、50代の女性はいびきをかきやすくなるのか。

女性が、いびきをかきやすくなる理由として、女性ホルモンの分泌量が関係しています。

一概に言い切れませんが、女性ホルモンの分泌量が減少することによって、いびきをかきやすくなる女性は増えます。

女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)は、呼吸中枢を刺激する作用を持っています。

この女性ホルモンの作用により、舌を支えるオトガイ舌筋という筋肉が緊張し、気道の広さを保っているのです。

ところが、更年期をさかいに女性ホルモンの分泌量は減少していきます。

そのため、睡眠中にオトガイ舌筋がゆるみやすくなり、気道が狭くなってしまうのです。

ですが、あくまで要因の1つです。

この状況に、口内や喉の脂肪が増えたり、加齢による筋肉の衰えなどの要因が合わさることで、いびきは発生します。



【改善】いびきの原因を考えて!

いびきを改善するには、自分の現状をしる必要があります。

太りすぎていないか、生活習慣が乱れていないか、思い当たる節は、いくつかあると思います。

1つずつ、ゆっくり見直していきましょう。

簡単に始められるいびき改善策

  • 横向きに寝て、口を開きにくくする
  • 舌を鍛える
  • いびき防止用のテープを貼る
  • 運動と食事管理をして痩せる
  • 疲れているときは、余裕をもってベッドにつく
  • 加湿器を置く

できるのであれば、いまからでもしてみてください。

横向きに寝ることであれば、誰でもすぐにできます。

衰えた舌の筋肉に元気を取り戻しましょう。

やり方は、口を閉じて、歯の外側をなぞるように舌を大きく回します。

右回り、左回りと30回ずつ行ってください。

これは、めちゃくちゃつらいトレーニングなので、無理のない程度でしてみてください。

毎日すこしでもやることで、習慣化します。

また、小顔、顔やせ効果もあるので、一石二鳥です。

舌の付け根が痛くなってきてから、10回頑張りましょう。

回数も増やしていきましょう。

「あれ、顔小さくなった?」と言われるはずです。



【いびきの原因】女性は50代から悪化?まとめ

50代の女性が、いびきを発生しやすくなる理由がわかりましたか。

いびきは誰しもが年齢問わず、発生する可能性があります。

本気で向き合うことで、改善することも可能です。

多くの人が、いびきで悩まれています。

ですが、本当に治そうと行動を起こす人は、ほんの一部しかいません。

なので、嫌でも行動に移せるようにおすすめしたいことがあります。

それは、[bgcolor color=""]スマホアプリで自分のいびきを録音し、聴くこと[/bgcolor]です。

無料アプリでも、十分な機能を持っています。

想像以上の結果が訪れるかもしれません。

ですが、これからを元気に気持ち良く眠り、生きていくには向き合うしかありません。

向き合える人は、最高の人生を歩むことができます。

この機に、ご自分の寝息を聴いてみてください。

 

 

健康

Posted by エランド