【ワンパンマン】ジェノスが弱いわけがない!

2020年3月15日

【ワンパンマン】ジェノスが弱いわけがない!

ワンパンマンジェノスは、サイタマの唯一の弟子であり19歳でありながら怪人に進んで立ち向かいます。

そんなジェノスなんですが、漫画で描かれる戦闘ではかなり敗北シーンが多いですね。

そのため、サイタマを引き立たせるためだけの立ち位置であるのでは?という疑問があがります。

決してジェノスは、サイタマの引き立て役で終わるような存在ではないことと、今後リミッターが外れる可能性があると考えます。

では、ワンパンマンジェノスについて一緒に考えていきましょう。



【ワンパンマン】なぜジェノスが弱いと思われる?

ワンパンマンジェノスが弱いとされる1番の理由は、負けたときの描写がとてつもなくボロボロだからです。

もちろん戦績もかなりひどい印象はありますが、ほとんどはジェノスの油断から負けるきっかけになることが多いです。

そのため、死ぬ気で怪人と本気で向き合って闘えば勝つことも可能な闘いだっていくつかあります。

話を戻し、ジェノスが負けキャラのような印象が強い理由が、負けたときの描写ですね。

ジェノスはサイボーグなので、脳みそが消し去られない死にません^^;

そのため、本来であれば腕や足、胴体がもげるというかなりグロテスクなシーンであっても、ジェノスの場合は「ジェノスがまたやられてる・・・」程度で済んでしまうのです。

そう、ジェノスの敗北シーンはほかのキャラの敗北シーンに比べてかなり悲惨な状態なため、めちゃくちゃ弱いというイメージが根付いてしまいましたね。



【ワンパンマン】ジェノスは強くなれるのか?

ジェノスはサイボーグであり、パワーやスピードの向上によりこれからも強くなるでしょう。

ですが、ワンパンマン、最強のサイタマのような圧倒的な強さはいまのところ本人ですら近づけるイメージがわからないほどかけ離れています。

可能性としては、ジェノスが強くなろうという努力によって精神が鍛えられていることです。

そこで、今後ジェノスの肉体を戻せるようなパワーを持つヒーローもしくは、能力者が現れれば、ジェノスは肉体を取り戻し、本体生物が持っているリミッターを取り戻すことができるかもしれません。

そして、鍛え抜かれた精神で努力をしリミッターを外し、サイタマに近い存在になることもあり得るかもしれませんね。



「【ワンパンマン】ジェノスが弱いわけがない!」まとめ

ワンパンマンで悲惨な負け方を描かれるジェノスは、弱いと勘違いされやすいですが、実力に関しては、S級でもかなり上位に入ります。

あとは、精神を鍛え抜くこととクセーノ博士に頼りすぎないことですね。

ジェノスは、これからもサイタマの目に自分が映るように努力するでしょう。

ジェノスが自分との向き合いかたは着実に変化してきています。

弱いことを悔いる時間が減り、いまできる最善の努力を失敗から導き出そうとしています。

ジェノスのこれからの成長を応援しましょう。

関連記事
・チャランコの先輩ニガムシは良いやつ?
・閃光のフラッシュはサイタマが強いと確信!?
・閃光のフラッシュ!ガロウ編で大活躍!
・サイタマVSタツマキ

漫画

Posted by エランド