【二重まぶたにする方法】簡単なマッサージで二重を癖づけよう

【二重まぶたにする方法】簡単なマッサージで二重を癖づけよう

やっぱり、目は一重まぶたより二重まぶたのほうが印象が柔らかくなりますよね。

一重であれば、普通にしていても「今日なんか元気なくない?」とか、「なんか機嫌わるくない?」とこちらとしては、「はあ?」ってなる問いかけも日常茶飯事ですよね。

それに、「目は口ほどにものを言う」というくらいかなり印象をつくってしまいます。

そのため、ほぼすべての一重の人が、可愛らしい二重まぶたの目に憧れますよね。

二重まぶたになれば、必ずと言って自信がつきますし、第一印象もかなりアップするでしょう。

今回は、自力で簡単にできる二重になるためのマッサージをご紹介します。



【二重まぶたにする方法】マッサージで血行を促進

一重まぶたの人は、まぶたについた脂肪を落とさないと二重のラインがうまく癖づかず、なかなか二重まぶたを手に入れることができません。

まずは、まぶたの血行を促進するマッサージを行ない、脂肪を減らしましょう。

化粧水や乳液、保湿クリームをつければ、マッサージをスムーズに行えますし、肌が傷まないので保湿しながらすることをおすすめします。

【二重まぶたマッサージ】

まぶた周りの血行を良くするため、眉毛のラインを根元からごっそりつかみます。

そして、前に引っ張り出します。

眉毛を顔から引き剥がすようなイメージで行ないますが、決して強くはせず、気持ち良い程度でやってください。

目は、ぱっちり開いた状態で行ないましょう。

Point

・必ず内側から外側に向かってしましょう。

・目はぱっちり開きつづける意識でしましょう。

・毎日継続して行ないましょう。



【二重まぶたにする方法】癖づくように毎日継続

マッサージによってまぶた周りの血行が促進されているときに、畳み掛けるように二重のラインの癖づけをしましょう。

親指と人差し指で、左右の目尻からまぶたを内側に絞り込むように横になぞってください。

まぶたの皮を内側にしぼった状態で、目と目の間の鼻に集めるようにします。

その状態で目をパチパチしてみましょう。

継続することで二重まぶたのラインが癖づいてきます。

あとは、二重の状態をキープする練習をつづけましょう。

皮膚が傷むほど強くは決してしないでくださいね。

気長に継続して行ない、自然な二重まぶたを手に入れましょう。



【二重まぶたにする方法】まとめ

今回は、一重の方が二重まぶたを手に入れる方法のひとつであるマッサージをお伝えしました。

男女問わず、二重はだれしもが憧れることですよね。

二重になるだけで、笑顔や目元の柔らかさがさらに好印象を与えます。

一重から二重なんて無理でしょう?と思われるかもしれませんが、実際に身の回りで二重に変わった人はいます。

とにかく継続し、目を二重にする練習を何度も行なってみてください。

二重まぶたになる日は訪れます。

日常

Posted by エランド