フリーター生活を経て、メリット・デメリットをお伝えします。

フリーター生活を経て、メリット・デメリットをお伝えします。

僕は、フリーター生活が1年経とうとしています。

現在、フリーターで幸せに生きている方、不安な方と分かれます。

この記事を読んでくださる方は、後者だと思います。

そんなかたに向けて、意見の共有として読んでいただきたいと思います。

まず、この記事ではフリーター生活を1年続けて感じたことを述べます。

「お、考えが似てるな」「甘いなぁ」

「たのしそう」「この子大丈夫かなぁ」

なんでも良いです。

この記事で何かを感じていただきたいと思います。

是非、立ち寄ってください!

E フリーター1年間なにをしていたの

新卒入社をして半年で辞めました。

それから僕はこの1年、1つのバイトしかしていません。

とくに資格の勉強も何かスキルを身につけることもしていません。

時間ほど貴重なものはないことは重々承知しています。

ただ平凡にアルバイトをして1年経ちました。

 

え、やばくない?

はい、正直やばいと思っています。

少しでも時間を有効に使おうと思いブログを始めました。

 

僕は実家暮らしなので、金銭面にはさほど問題はありません。

ありがとう。おとう、おかあ…

必ず、立派な人間に成長してみせる!

 

話しを戻します。

いま現在、24時間営業のフィットネスジムでバイトをしています。

この1年間は週5でフルタイムで働きました。

休憩1時間を除いて8時間働いてました。

シフト制で、基本10:00~19:00です。

曜日はバラバラです。

給料は月13万円ほどです。

手元に残るのがです。

まぁ少ないですよね。

実家で本当に助かってます。

正社員ですと、ボーナスがあるので、さらにお財布が潤いますよね。

社会に向き合っている対価ですね。

あいにく僕には彼女がいませんし、親しい友達はさほどいません。

なので、外食などの出費はほとんどありません。

こんなんだから、いないんかなぁ…

バイト先までは、自転車で15分ほどです。

風を感じて通勤するのは本当に気持ち良いです。

良かったらこちらも↓

自転車で通勤、通学することは良い運動になるので続けましょう。

雨の日は地獄です…

こんな1年間を過ごしていました。

L フリーターのメリット

その人によって感じ方はそれぞれです。

あくまで、僕の意見になります。

時間

時間に余裕が生まれることです。

やはり、正社員ですと残業はつきものです。

どれだけ効率が良くてもです。

また、たくさんバイトを入れる人もいますよね。

僕は決してお金を求めるためにフリーターになったのではありません。

自分と向き合いたいと思いました。

あまり進歩してないんですけどね。

自分なりに少しずつ進んでいる実感はあります。

時間があるとなにができる?

やりたいことです。

趣味であったり、勉強であったりです。

中には、旅にでる人もいます。

本当に時間の使い方が自由です。

僕の場合は、筋トレに熱中しました。

筋トレの勉強もしました。

自分の努力次第で筋トレ関係の仕事も可能と考えています。

 

1番は自分に向き合えることです。

どうやってお金得たいのか。

どんなことに価値を置くのか。

どんな働き方をしたいのか。

自分に何ができるのか。

とにかく考える余裕が生まれます。

そこからの行動が1番大事なんですけどね。

身体

ストレスなくグッスリ寝ることができるようになりました。

工場勤務の時は、寝ているときに急に動機が起きたりしました。

動機は急に心拍数が早くなることです。

ドクンッドクンッドッドッド

また、寝ているときに急に足がビクンと動いたりしました。

とにかく疲労がとれませんでした。

今では、寝ている最中に起きることは1度もありません。

しっかり睡眠がとれています。

ほかにも、体重が6kg増えました。

筋肉でですよ。←これ大事

正規社員として働いていた頃も筋トレは欠かさず行いました。

ですが、半年間体重は変化なし。

やはり疲れがたまって身体が休養を求めていたんです。

フリーターになってから半年で6kg増えました。

このすごさ筋トレしている方はわかるはず…

とにかく身体が元気になりました。

肌荒れも回復しました。

N フリーターのデメリット

自分に甘くなることも

1番こわいのは、ずるずると目標も無く時間が経つことです。

自分はいまの社会に合ってないんだ。などと自分の都合の良い考え方が芽生えます。

現に僕もその境目でうろうろしています。

自分に合った働き方を考えていると、楽なことを考えようとします。

働くことにつらさは必要であり大切なことです。

大事なことはそのつらいことを自ずとすすんでできるかです。

なので、僕はどれだけつらくても続けたいと思えることを仕事にします。

楽しめる仕事と楽な仕事を履き違えないよう気をつけていきます。

楽しさの中に厳しさは必ずあるので。

社会人としてのマナー

仕事にもよると思いますが、知識や経験が浅くなっていまいます。

所詮アルバイトなので、責任重大な席に出くわすこともないです。

責任は人を成長させます。

地位の高い人と接する機会もほとんどありません。

そのような面では、社会人として衰えていくでしょう。

フリーターではある程度までしか成長できません。

せめて、プライドを持たず謙虚であり、器の大きい人間になれるよう心がけています。

仕事の仕組み

どうやってアポをとるのか

どうやってお金が発生するのか

どうやって契約をとったり、データーや情報を管理するのか

お金の管理だったり、もーわからないことだらけ!

何をわかっていないかもわからない状態です。

なので、社会に出て働くことは成長でしか無いと身にしみて感じております。

なので、本腰を入れて1つ経験することも大事です。

または、20代であれば、浅くいろんなことに触れてみることもありだと考えます。

ですが、まだ僕は慌てません。

金銭

シンプルに収入が少ないです。

時間を削ってたくさんバイトをしていれば別ですが。

20代はまだ差はそこまでですが、30代からは2倍3倍と差が生まれます。

他人を気にしているようじゃだめですが、お金を稼ぐことは自分の価値への証明でもあります。

なので、収入が少ないからにはやるべきことを見つけて必ず行動することです。

また、社会的信用がないため、大きな買い物はできません。

イメージが悪い

親に心配をかけます

最悪ですね。

結婚が難しい。

僕に娘がいたら、フリーターの彼氏はやだなぁ…

まぁ、会ってみないとわからないですけどね!

人として下に見られる。

以前、歯科に歯を治療しに行ったのですが

助手さん「ところで大学生なんですか?」

ぼく「フリーターなんです」

助手さん「あ、ごめんなさい!」

…なにが

ってなったことがあります。

だらしない印象なのでしょうね。

触れにくい存在なのかもしれません。

D フリーターは悪くない

そうフリーターは悪いことではありません。

ですが、必ず将来を考えて生きていく、ということだけは忘れてはいけません。

僕が言っていいの?

どんな生き方していくかをイメージするのです。

そうすれば前向きに頑張れます。

それにフリーターから成功できた人は人生を幸せに生きていけること間違いなしです。

フリーターという道を選んだことに必ず意味があります。

自分がよりよく生きていくために選んだのです。

そうですよね?

フリーターという険しい道を進むからこそ得られるモノも大きいと信じます。

あなたの努力次第で幸せをつかむことができます。

B おわりに

すごい偉そうに書いてしまってすみません。

自分に言い聞かせるように書きました。

幸せになりたいんです。

そのためには、常に行動すること

そして、自分に向き合い続けることです。

決して今のままで良い思ってはなりません。

時間がかかっても必ず進みましょう。

一緒に歩んでいきましょう

 

ではっ

日常カテゴリの最新記事