芸能

SMAPが再結成する可能性はあるのか?5人が再び!?

【SMAPが再結成する可能性はあるのか?5人が再び!?】

誰もが知る国民的アイドル「SMAP]。

テレビを見れば、いつだって姿を現し、素敵な歌や笑顔…

いつも我々に元気を与えてくれた、愛してやまない国民スター。

そんなSMAPが解散したのは、2016年の終わりごろ…

時が流れ、SMAPという大きな存在を認知しない世代が訪れると思うと不思議な気持ちになります。

あの5人が再結成し、SMAPとして活動する可能性はあるのでしょうか?

我々国民は、もう一度「SMAP]というアイドルグループを求めても良いのでしょうか?



SMAPが再結成する可能性は?

SMAPは28年間、国民的アイドルグループとして活躍しました。

ものすごい年数ですよね。

ただ、28年間積み上げたものに、終止符を打つということは、並大抵の覚悟ではありません。

なのでぼくは、SMAPとして5人が再結成する可能性は無いと考えます。

5人が集結することは、稀にあると思われます。

近いうちかはわかりませんが、テレビ番組などで5人を会わす企画などが必ずあらわれるはずです。

なぜなら、国民が求めることは、番組作成者も同じで5人が揃い笑顔が溢れる瞬間を求めるからです。

活動とまではいかないでしょうが、5人でのんびり話しをする番組などが、いつか必ず出てくるはずです。

SMAPが再結成する可能性はあるのか?

ぼくの私情はさておき、本当のところSMAPが再結成する可能性はあるのでしょうか?

答えとしては、可能性はあるかもしれない!です。

2020年の「日本財団パラリンピックサポートセンター」のスペシャルスポンサーに、草彅剛、稲垣吾郎、香取慎吾の3名が登録されています。

そう、この3人は「新しい地図」というユニットで活動しているのです。

そして、この3人に中居正広と木村拓哉も一緒に活動して欲しいと切に願う方がいます。

その方とは、笹川陽平氏です。

公益財団法人日本財団会長、東京財団顧問、世界保健機関(WHO) ハンセン病制圧大使とぼくには、わからなすぎるほどのとてつもなくすごく、影響力のある笹川陽平氏。

そんな笹川さんがSMAPのこれまでの素晴らしいイメージを2020年とはいわず、これから先にも繋げていきたいという思いをもっておられます。

SMAPの存在は、本当に偉大であったと今になって思います。

ですが、SMAPの再結成に関しては、本人たちの問題でしかありません。

どれだけ、国民のため世の中のため、と言われても本人たちの意志が第一優先であり、我々国民は期待することしかできないのです。

28年間という長い年月を活動できたのは、熱狂的なファンと心をひとつにしていたからでしょう。

SMAPの5人がいつの日か、楽しくお話ししている姿をもう一度見てみたいですね。



SMAPが5人そろうことは無いのか?

やはり、鍵となるのは中居正広さんですね。

5人が今現在、どのような関係になっているのかは不明ですが、木村拓哉とあとの4人は距離がある印象です。

この距離を縮めることができるのは、中居正広さんだけであると思いますが、本人たちとしては縮めることより、今を精一杯生きることを優先しているのかもしれません。

結論、仲が良ければ解散はあり得ないので、お互いが歩み寄ることは外的要因がない限り、かなり低いと思います。

ですが、50歳などを越えてくると心も体もかなり落ち着いてくるので、久々に会って話そうかってことになるでしょう。

28年間1番長く一緒に生きてきたのですから、必ず話したくなる日が来るでしょう。

それにしても、28年間ってえげつないですね。

ダンスや歌の練習、コンサート、テレビ番組ずーっと一緒ってどれだけ仲が良くてもきついものがありますよね。

いまは本当に良い距離感であってお互いの中で、いろいろと落ち着けばプライベートたのしくやれそうな気がします。



【SMAPが再結成する可能性はあるのか?5人が再び!?】まとめ

今回は、SMAPが再結成するのか考えてみました。

実際のところ、近いうちはかなり厳しいと思いますが、いつか5人が集結することはあると思います。

ですが、SMAPとして再結成はしないと思われます。

いつか5人が笑顔でテレビに映ってくれる日を楽しみに待ちたいと思います。