初めてのジム、筋トレ初心者あるあるを言いたい その1

初めてのジム、筋トレ初心者あるあるを言いたい その1

初めてジムに通うときって本当になにをすれば良いのかわからないですよね。

最初は何をするにしても不安だらけ。

でも、1つでけ言わせていただきたい!

何事も続けていれば、「慣れる」日が来ます。

良い意味で!

なので、筋トレが嫌になる日は、続けるほど遠のくでしょう。

逆に頻度が空くと厳しいかもしれません。

ですが、やり直すことに制限はありません。

今回はジム初めてあるあるを書かせていただきます。

共感していただけるとうれしいです。

では、参りましょう。

E はじめてのジム

ワクワクっていうより不安…

まずは全てが不安ですよね。

館内を1人で行動することが不安です。

トイレに行くにしても、その辺のマシンの間を歩くにしても。

これに関しては、‘慣れ’しかありません。

何度も往復して、探検する勢いで!

何事も最初は視野が狭くなってしまいます。

人の目線も気にします。

ジム内で自分という人間が動いていることすら恥ずかしかったです。

もう、移動したくない…

実際、誰も見てないんですけど。

僕自身、自意識過剰でもあり、終始斜め下を見て移動していました。

んー、初めの頃は正直これで良いと思います。

まずは、ジムに足を運ぶことです。

30分未満でも全く問題ないです。

とにかく行くことです。

ジムに!

なにを着て行こう…

トレーニングウェアー

トレーニングウェアーってものすごく大事ですよね。

いろいろ迷われると思うのですが、個人的にシンプルなデザインをおすすめします。

なぜなら、筋肉がつくにつれて、圧倒的にシンプルなデザインが筋肉を引き立ててくれるからです。

僕はナイキにはまってます。

ズボン

ズボンに関しましては、半ズボンor七分丈です。

長ズボンはあっついですよー。

七分丈は本当に私情を挟んでおります。

僕自身が膝小僧が見えると少年っぽくなってしまうのです。

なので、基本は七分丈でトレーニングしております。

みなさんは半ズボンでOKです!

七分丈のアディダスです。

僕は2着を交互に着ています。

トレーニングシューズ

基本的にランニングシューズで良いです。

軽さを重視しましょう。

重いとかさ高くなってしまったり、持って行くのが面倒になります。

なので、かっるくて、薄っぺらいのが最高です。

グレーゾーンの靴です。

僕はお世話になっております。

マシンの使い方があってるかどうかがわからない

マシンの使い方がわからない状態でトレーニングすると少し恥ずかしいですよね。

だから、すぐに別のマシンへ移動…

なんてこともよくあります。

いろんなマシンに触れることは大切です。

効いてなくても大丈夫です。

運動に変わりは無いのですから。

トレーニングの最中にフリーズしちゃう

よくありますよねぇ。

ふと自分は何をしているのだろうって。

トレーニングですよ、トレーニング!ほら起きて!

せっかくジムに来たんですから、パッとやってパッと帰っちゃいましょ!

ランニング中すっごい元気が出る

唯一人生で経験のある運動ですね。

ほかのマシンって今までしたことのないような動きをします。

走るって気持ち良いことって実感できます。

たくさん汗を流しましょう。

L 筋トレ初心者あるある

タンクトップがきてみたい

自分の筋肉を見ながらトレーニングがしたくなります。

変態じゃないです。

トレーニングにはまってしまった宿命なのです。

ジム内で腹筋見がち

どれだけ筋肉がついたチェックしちゃいますよね。

お風呂の鏡でいっぱい見ていたとしても。

気になって仕方が無い。

特にトレーニング中は筋肉が増えて割れてる気がします。

そんなすぐにかわんないよー

小刻みのアームカール

とにかく運動って感じです。

筋肉に効け~ってよりはこの動きしてたらOKって感じです。

誰しもが通る道です。

懸垂がまじでできない

い~ちっ、はぁ…

懸垂ってめちゃんこ難しいですよね。

最初は1回するのもままならないです。

はじめてでできただと?

運動神経良すぎます。

どこの筋肉を使って上がるかなんてわかんないですよね。

筋肉でかい人を チラッ チラッ

見ちゃいますよね。

だって、本当に人ってあんなに筋肉つくんだって思います。

または、怪物じゃんあんな身体なりたくねぇー

って思いながらもチラチラ見ちゃいます。

本能がたくましい身体を求めているのでしょうか?

カネキンの動画をちょいちょい見る

僕も見てましたよー。

やっぱり、人が努力している姿が1番モチベーションを貰えます。

自分もやらなきゃって。

止まったり、辞めてしまうと成長もストップです。

何かを発信することって素晴らしいことですね。

A おわりに

どうでしたか?

みなさんのあるあるに当てはまったでしょうか

いろんな人を観察するのもジムの楽しみのひとつです。

変に見過ぎちゃダメですよ。

きっと、小さな発見がたくさんあります。

最初は場所に慣れるという試練がありますが、慣れてくればこんなもんかってなります。

なので、続けて筋トレの真の楽しさに触れましょう。

筋トレしているひとりひとりに物語があります。

いつか、そんな物語のひとときにお邪魔しましょう。

 

ではっ

 

 

 

 

筋トレカテゴリの最新記事